あさりのみそしるダイアリー

薄給サラリーマンのほんわかしゃちくブログ

Verbatim BD-RE DL VBE260NP5V1

ということで、久々に商品レビューでもしてみようかと思います。


今回はコレ!

イメージ 1


バーベイタムのBD-RE DL(x2) 「VBE260NP5V1」です。





最近はちゃんとアノテーションもつけているんですよ?(文字でちょっと説明してます)


さてさて、このメディアは2倍速対応のBD-RE DLです。

BDにはいくつか種類があって、BD-Rは追記のみ可能(1度書き込んだ番組やデータを削除しても容量は減ったまま)、BD-REは書き換え可能なもの(1度書き込んだ番組やデータを削除するとその分だけ容量は元に戻る)です。

で、さらにそれぞれはSL、DL、XLとに分けられます。SLは普通は書かれていませんが、1層の標準的なタイプです。容量は25GB。

今回購入した「VBE260NP5V1」はDLで、2層のタイプ。容量は50GBとSLの2倍です。

いまだに値段が高いので手が出せないXLは3層または4層のタイプ。容量は前者は100GB、後者は128GBです。
そういえば、昨日だかのSONYのニュースリリースでオプティカルディスクアーカイブシステムなるものを出してきましたが、あれは1つのカートリッジに12枚の光ディスクが入っているということで、中身は12枚のBD-RE XL(4層)なんでしょうかね?容量も128GB×12=約1.5TBとニュースリリースの通りですし。
物はいいと思うのですが、まだまだ一般向けではないのでめちゃくちゃ高いですけどね。ドライブユニットだけで・・・。

ちなみに、DVD-RAMなんかで見た両面とも記録面なディスクはBDでは見たことないですよね。あっても扱いがめんどくさそうですけど。

それはさておき、今回購入したBD-RE DLは、書き換え可能な50GBの容量をもつタイプです。
1度番組を録画しても、いらなくなったら削除なりフォーマットなりして新たに番組をダビングすることが可能です。あるいはダビングに失敗しても、フォーマットしなおせば新しいディスクと同様に扱うことができます。もっとも、失敗する要因がディスクにあるのであれば、フォーマットしてでも使いなおそうなんて私は思いませんけどね。

私がBD-REを購入した理由は、あくまでBD-REは一時的な記録スペースで、レコーダーなりを買ったらムーブバックしてAVCで圧縮なりして別のBDにまとめようと思っているからです。

うん、それもさておき、50GBの容量を持つディスクには地上デジタル放送の番組なら360分、BSデジタル放送の番組なら260分の記録ができます。もちろん、録画する番組などにより記録可能な時間は変化しますので、あくまで目安です。(番組の1秒あたりの情報量は地デジの場合は17Mbps、BSデジタルの場合は24Mbpsとして計算されています。まぁ、とにかく目安です。)

イメージ 2

無駄に長々と書きましたが、いたって普通のBD-REディスクです。見た目はBDもDVDもCDもほとんど変わらないです。


イメージ 3

表面には「BD-RE DL for VIDEO 50GB 2X」と書かれています。これを見ればディスクがなんなのかがはっきりとわかりますね。
プリンタブルメディアなので、ディスクへのプリントに対応したプリンタなら絵なり図なり文字なりを印刷することができます。私はそういうのは持っていないので、使ったときどんな感じになるのかわかりませんが、この印字が隠れてしまうとちょっと不便かもしれませんね。

ちなみに、BD-R と BD-RE の違いは印字以外の見た目ではないといっていいんだと思いますが、SLとDLの違いは記録面を見ればわかります(もっともDLの方は25GB以上記録されている場合の話ですが)。

一度も記録していない領域とは異なる色が2つあればDL、1つしかなければSLです。そのうちネタにするつもりですが。


イメージ 4

話が脱線気味でいけませんが、とりあえず裏面です。
商品レビューしたあとに撮るって言うね・・・。やぶれていますが読めなくはないです。
原産国は日本となっています。Amazonで2012/9/2に購入したときのもので、購入時期などにより原産国は異なりますので注意してください。もっとも、Amazonで購入するとき、商品名に思いっきり「日本製」と書かれていたので、これで日本製でなかったらおかしな話なんですけどね。

あと、ハードコート仕様です。そっとやちょっとのキズなんてへっちゃらかもしれません。試したことがないのでわかりませんし、高いので試したくもないですけどね。


あとは、動画を見てもらえればいいかと思いますが、ケースが安っぽいです。
それと、インデックスシートがついています。後ろの3枚に6枚分(真ん中で2枚に切り離せるタイプのシートが3枚で6枚分)収納されています。

1枚だけ27GB程度の番組をダビングしましたが、問題ないようです。もっとも、私の場合は先述の通り一時的な保存領域としての利用なので、このまま長期保存を・・・とは考えていませんが、それでも次の作業をする頃まではちゃんとデータが読める状態でないといけませんよね。保存性はどうなのでしょうか。ちゃんとした環境にケースに格納して保存した場合、どれくらい持つんでしょうかね。そこのところはまだまだ分からないので何とも言えません。ただただ、長持ちすることを祈るだけです。



とりあえず、そういう感じでレビューおしまい。

最近、身の回りがBDだらけになってきました。最近までDVDだらけだったのに・・・とはいえ、まだDVDも散らばってるんですけどね。DVDは若干雑に扱っていますが、BDはなるべくホコリなどつかないよう丁寧に扱っています。