あさりのみそしるダイアリー

薄給サラリーマンのほんわかしゃちくブログ

4連日選考の1~3日目まで終了!<1日目>そしてサイレントがついにその沈黙を破る

イメージ 1


ども、最近、クズという言葉に親近感が湧いている、そんなクズの就活日記です。

本当は、1日目、2日目、3日目と、別々の記事で書こうと思っていたのですが、エントリーシートやら履歴書やらを書いているうちにこのような形になってしまいました。

実は、今日もこのあと2社の履歴書&エントリーシートを書かないといけないので、ホント、今週は忙しいです。


さて、4連日選考も3日目まで終了しました。無事に終了したかどうかはわかりかねますが。
とりあえず、それぞれどのように過ごしたか、振り返ってみます。


<1日目>

1日目は神奈川県にある企業の会社説明会に行きました。
なんでわざわざ神奈川県まで行って、企業の説明会を受けたか?ですって?

まぁ、個人的に親近感のあるモノを作っている会社ということと、リクナビのブックマーク数が少なかったということの2点ですかね。神奈川県自体には縁もゆかりもなく、この日はじめて訪問したわけですけど。

高速バスで行きました。新宿駅で降りて、神奈川県のとあるところまで行くので、いつもより1時間早い、はじめての8時便向かいました。
ですが、途中、お客様トラブルがありまして、バスの座席を予約しただの、システム上ではされてないだので、25分ほど足止めをくらいました。えっと・・・う~ん・・・しっかりしてください!

で、現地に到着したのも予定より33分遅れてのこと。事前に予定していた行程表が、新宿駅の段階で破たんしていました。
バスの中で、スマホの乗り換え案内を使って、バス到着から一番早く乗れる電車の出発時刻を調べまして、えぇ、ホント、スマホの便利さを痛感しました。
で、その出発時刻が、バスが新宿駅に到着するだろう時刻の5分後。1度も乗ったことのないホームに、わずか5分の時間で、はたしてたどり着くことができるのか?という不安と戦いつつ、バスが現地に到着。

お客さん、早く降りてー!

と心の中で叫びながら、バスを出てすぐさまダッシュ!
向かうべき場所ははっきりしていない。でも走らなければいけない!
そんな状況でした。

天井の案内板を見ながら、乗るべき電車の改札を探す。
おもしろいくらいにスムーズに改札を発見。そして止まっている電車に乗り込む。
バスを降りて電車に入るまで3分。間に合った!これは奇跡です!

もちろん電車が間違っていたというオチもなく、無事に会社のあるエリアまで行くことができました。ただ、席が空いていなかったので、ほとんどの時間、立っていましたけどね。何気にキツい。時間もかかりましたし。

ただ、お昼を食べていては時間がなく、かといってそのまま向かうとちょっと早いというなんとも微妙な時間だったので、ちょっと遠回りをして目的地に行きました。


イメージ 2

イメージ 3


神奈川県では、さくらが咲いていましたよ。さくらですよね?
細かい場所は書けませんが、現地の人ならわかるかもしれません。

天気はあまりよくなかったんですけどね。

あぁ、そうそう、1枚目のさくらを撮ったあと、歩いてたら空から釘が落ちてきました。グラウンドのネットの釘ですが、カラスがはずして落としたようです。3枚写真を撮ったのですが、2枚だけ撮って歩いてたら確実にヒットしてました、あぶねー。。。


会社説明会では、座談での説明と、社内見学、あとは性格適性検査を受けました。
で、エントリーシートの提出締切が今月末で、また書くべきESが増えたよっと・・・。


帰りはノジマによりました。う~ん、微妙でしたけど。

あと、帰りの電車のホームを間違えました。なんか来た時と違うなと思ったら事実間違っていました。横浜市営地下鉄?だったかな、そんなの乗る予定はありません!
改札を出ようとしたらゲートで引っかかりました。電車に乗らないものですから、こういう時、駅員さんにSuicaの改札入り記録をリセットしてもらわないといけないなんてこと、知らなかったよ・・・。
また1つ、勉強になったね!


そして新宿駅では雨がポツリポツリ。

でもまぁ、なんとか過ごした1日でした。


ちなみにこの日、行きのバスで、今月12日に受けたがまだ結果が来ないためサイレント疑惑をかけていた郵送企業の前を通過したのですが、その時に「おーい、はよ祈れや」なんて言ってたら、メールで結果が来ました。もちろんお祈りなんですけどね。

大量の人数と言っても80人程度かつ筆記試験はマークシートでしたし、エントリーシート自体は事前に郵送したのでその時にある程度の評価はしたはずですし。

それに、みん就によると、合格者には15日の段階で電話連絡されていたそうです。マイナー企業なので釣りコメントの可能性は低く、そうするとなんでこの時期まで連絡が遅れたのか、ますます気になるところです。

25日のメールのあと、27日には郵送で1枚目の写真のような封筒が来ました。
ピンと来た人もいるかもしれませんが、長野県内の受験者数80名の企業なので、そういうめぐりあわせは身内以外にはないと思いますよ?

もちろん、中身はたかが知れているので、封を切っていません。なんで2度も祈られなきゃいけないのか。
シュレッダー行きですよ、さよなら。


長くなったので、このエントリーは1日目だけということで。
なお、神奈川県には、4月にもう1回行く機会があります。別の会社の選考でね。