あさりのみそしるダイアリー

薄給サラリーマンのほんわかしゃちくブログ

筆記試験!

あ~、もうコレ、完全に就活日記になってますわ。

ということで、昨日は筆記試験を受けてきました。
テーブルに受験票が貼ってあって、なんだか高校入試のそれと似たような雰囲気でしたよ。

内容は、能力検査(論理とか言語とか)と適性検査(主に性格テスト)と小論文。


特に能力検査に関しては何も対策はしていませんが、なんやかやで理系頭のおかげか、数的な問題については、割とスムーズにいったようないかなかったような。
いや、完全に問題によりけりでしたけどね。図形は完全に直感でしたが。なにせ時間が短い・・・。

そして国語はね、ちょっとね・・・、うん、ムリ。
仲間外れとか、全部同じに見えますもん。


適性検査に関しては、先のブログエントリーの通り、性格レベルで落ちた経験ありなので、今回ももしかしたらひっかかるかも。正直にマークしましたよ、回答しながら考えましたよ、コイツちゃんと仕事できるのかよ・・・っと。

ただ、こればかりはちょっと・・・ヘタに飾って矛盾ばかりの回答になるよりは、いいんじゃ・・・ないのかね・・・
っと、評価される側の人間が言ったところで説得力の欠片もないわけですが。


小論文は・・・。
与えられたテーマについて、30分くらい悩みました。書けない・・・ここまで書けないものなのか・・・っと。
こういう、しょうもないブログ記事なら、書き始める前に特に何も考えなくても、勝手にスラスラと手が動いているものなのですが、小論文はそうもいかない。

とりあえず、なんかもう、どうにでもなれー状態で、最初に思いついたところからどんどん引っ張っていきましたよ。
論述の進め方自体は、そこまで破綻はしていないとは思いますが(これまた評価される側なので・・・)、ただ、内容はとても薄っぺらく感じました。
しょうがないねん、もともとそんなテーマに関することについて、およそ考えてこなかったんだから。
ホント、何も出てこないときは、焦りますよね。


そんなこんなで4時間ほどの試験を終え、これから今日の選考の準備を始めるというスロースターターぶり。
別に余裕があるわけじゃなくて、う~ん、なんかホント、どうしようもない人間なのかもしれませんね、私って。
これはもうだめかもわからんね。

日テレ(テレビ信州)のNEWS ZEROで、20代ニート特集をやっていました。大卒で就職できなくて、自分が何をしたいのかとか、不安だとか、そういう理由で引きこもって、そのような若者たちを支援する取り組みをしている団体があって、まぁその特集です。
もしかしたら私もお世話になるかもしれませんね、その時はよろしくお願いします。



と、まぁ、ネガティブなことばかり考えていてもアレなのですが、う~ん、先が見通せません。
とりあえず、まずは今日の選考の履歴書を書かないと何もはじまらないんですよね。そして面接。うまくいくだろうか。たぶん、次のブログエントリーは、また就活日記っぽくなるかもです。グダグダな面接報告になることは、期待しないでいてもらいたいです。そうなったら・・・いやだなぁ・・・

昨日の筆記試験の結果、通過すれば電話連絡とのことで。電話を手放せない状況がついに私にも来ましたね。
実はまだ1度もこういう選考にかかわるような電話を受けたことがない。


気付いたら郵送でお祈り通知が来ていた・・・という結果だけはカンベンしてください。
こんな性格ですが、これからも長いお付き合いをよろしくお願いいたします。