あさりのみそしるダイアリー

薄給サラリーマンのほんわかしゃちくブログ

Microsoft Visual Studio Ultimate 2012 をインストールしてみた(その2)

その2と言うほどでもないですが、キャプチャだけ撮ってもあれなので、せっかくなのでネタにしてみます。


イメージ 1


「Microsoft Visual Studio Ultimate 2012」のインストールと同時に、いろんなツールがドカドカと入ってきました。
その中の1つに「Blend for Visual Studio 2012」というものが。ちょっと気になったので実行してみました。


イメージ 2

が、起動して最初の画面で警告が。どうやら、Windows8環境でWindows8用のストアアプリを作成するツールのようです。Windows7上では動作しないということですね。

ただ、WPFやらSilverlightアプリを作りたい人は、プレビュー版でもインストールしてくれたまえということなので・・・。


イメージ 3

警告ダイアログ上のリンクをクリックすると、こういうページに飛ぶので、赤枠でかこったリンクにアクセスします。
ちなみに、先のウィンドウは「閉じる」を押すと全部閉じられてしまいます。


イメージ 4

で、実行ファイルをダウンロードして実行します。


イメージ 5

インストールの設定。


イメージ 6

インストール中。そんなに時間はかかりません。


イメージ 7

インストール完了。


イメージ 8

で、起動したらこんなスタート画面が出てきました。
とりあえず、新しいプロジェクトを作ってみましょう。



イメージ 9

こんな感じで。


イメージ 10

そして、こんな感じでウィンドウを設計する・・・と。




ビジュアルや動きのあるプログラムを作る場合に使うんですかね?
よくわかりませんけど。

というより、こういうのインストールしても結局使わないんですよね。ただただメインドライブの容量が食われていくばかりです。

・・・すいません、それだけです。評価とか、そもそもツールの使い道がよくわからないのでしようがありません。