あさりのみそしるダイアリー

薄給サラリーマンのほんわかしゃちくブログ

【アフターウォーク】東京エクストリームウォーク100を終えて

11月12日から13日にかけて、神奈川県と東京都をまたぐ100kmの区間のウォーキングイベント「東京エクストリームウォーク100」が開催されました!

www.asahi.com

 

今回は第5回大会とのことで。私にとっては初挑戦となります!

勤務先が近いこともあり、日ごろそう多くは歩いていませんが、この半年くらい暇だなと感じたときにはウォーキングするようになりまして・・・

たまに歩くとけっこう歩いても疲れないので、いけるのではないか・・・と。

 

で、ネットサーフィンをしていたらこのイカれたイカした大会のウェブ広告を見かけて、勢いでエントリーしてみちゃいました。

エクストリームなウォーキングってなんやねん、て。

 

私がエントリーしたのは、100kmのチャレンジ部門です。26時間以内を目標に歩く部門になります。

この手の能動的に参加するスポーツイベント自体がはじめてといってもいいくらいなので、34kmのビギナーズ部門でもよかったのですが、私がエントリーする頃にはすでに締め切られていたので・・・

24時間以内を目標に歩ききるエキスパート部門は自信がなかったので、文字どおりチャレンジな部門でゴールを目指すことにしました。

 

大会当日は受付を済ましたところで、ワセリンやLEDバッジ、試供品のアミノバイタルをいただきました。LEDバッジは夜間の歩行の際に目印として使います。

 

私はFグループだったので、8時40分~50分ごろにスタートしました。

 

小田原市にある小田原城址公園銅門広場からスタート。

この大会の過酷さを知りさえもせずに・・・

 

 

大会期間中はめっちゃいい天気でした。

日焼けが気になるくらい。

 

海を横目に。というか、最初のチェックポイント、遠く感じました。

ろくにGoogleマップを見ずに臨んだので、あとどれくらい歩けば着くのかというのをあまり理解していませんでした。。

 

ぞろぞろ歩いているうちに平塚市に。

 

防砂林かなーとか思う余裕もあったなー。

 

今ならまだ覚えている・・・砂浜に入る手前の小道。

 

 

 

途中から砂浜わきの道をあるくことに。たまにある砂の上はめちゃくちゃ歩きづらい。

写真がピンボケしていますが、ブログ投稿には都合がいいか。

 

しばらく進むと第1チェックポイントに到着。平塚市のしおかぜ広場。

22km地点と序盤から遠め。

 

みかんと水、福神漬け入りカレーパンをいただきました。おいしかったです!

それと、応援してもらえるのはうれしいですね。

脚も体力もこの時はまだ余裕でした。

 

 

あと途中のローソンでトイレ休憩したときにこれ買いました。

 

そしてまた歩き続ける・・・

 

湘南大橋。

 

海きれい。

 

ちなみに、みなさんゼッケンなどで参加者とわかるので、道中Googleマップを見ることもほとんどなかったです。

夜道はピカピカ光るLEDバッジで目先の行き先を視認できました。

 

茅ヶ崎市!

 

また海沿いルートに。

 

それにしてもいい天気すぎる。ちょっと暑いくらいでしたね。

 

遠くに江の島が見えてきます。

 

新江ノ島水族館あたりが第2チェックポイント。

ビギナーズ部門の方は34km地点のここがゴールです。

歩き始めから6時間半。時速5kmくらいで歩いていることになるので、平均的な移動速度(4km/時間)と比べるとペースが速い方ですね。

 

ここでも配給。あまり食べ過ぎてもよくないのですが、配給される分量は絶妙にちょうどよかったです。

 

 

江ノ島を横目に、海岸を離れ、横浜市にむけて北上します。

 

あたりもそろそろ日が沈みそうな雰囲気に。

 

で、次の写真がコレ。

保土ヶ谷区に入りましたーっと言うところですが、日中から夜になったこともあって、時間的な変化も強く感じた分、第3チェックポイントまでがかなり遠く感じました。

 

 

第3チェックポイント目前・・・?

 

それでも夜8時前には到着しました。54km地点の横浜市児童遊園地。

第2チェックポイントから20km、そりゃ遠いわ。

でも残り半分を切っているわけで、まだ脚の痛みもなく、意外と余裕なのでは?とか思っていました。だんだん冷え込んできているのに・・・。

 

配給のカフェオレとあんぱん、魚肉ソーセージ、こんにゃくゼリー。

 

 

持参したウィンドブレーカーを着て、ヘッドライトも付けて進む。

みなとみらいキレイ・・・とか言ってられなかったよ。

写真だけ撮ったけど。

 

途中で中華街の門も見ました。見ただけ・・・。写真撮ることを考えすらしなかった。

 

第4チェックポイントに到着。68km地点の横浜市にあるポートサイド公園です。

カップ麺も配給されていましたが、食べれる感じじゃなかったのでスルーしました。

配給は、その時の自分にとって必要なものだけでOK。

 

 

しかし、ここに来る道中の坂で一気に脚をもっていかれました。つま先がいたみ出して、それをフォローするかのような歩行スタイルが姿勢的に無理があって、脚全体が疲れるっていう悪循環・・・。

 

座り込むと立ち上がるのもかなりつらいです。

 

 

その後、写真は撮りませんでしたが川崎市の稲毛神社に設置された第5チェックポイントに到着しました。79km地点。よくここまできたよ、ホント。

マジで写真を撮るという思考に至らない。とにかく脚がつらい・・・

ツイートはしたけど。

 

序盤は少し早めのペースでしたが、脚のコンディションが悪くなってからかなりペースダウンしました。

 

東京都に入りました。有明はいずこ・・・

 

多摩川。

 

たぶんみんなしんどい。

どんどん追い抜かれていきますが、自分のペースでOK。

 

途中で京急蒲田駅前を通りました。始発の電車がくるような時間帯。

リタイアの連絡をすれば、そのまま帰宅もできる・・・すべてから解放される・・・

でも、ここまできたらもう最後までやりきろうって、そう思いました。

文章で書いたらこんなもんですが、実際の葛藤はもっとすごかったですよ。ずーっと歩き続けてるんだもん、夜道に痛みを感じながら・・・

何で歩いてるんだろう?って何度も思いました。

 

・・・まぁ、実際、なんで歩いてるのかって、理由なんてないんだけど。

 

なんか歩きたい気分だったから、いけそうな気がしたから、そんな動機でしたが、もっと強い意義をこめていたとしても、この辺りで理由探しとかしちゃうんだろうな。

 

第6チェックポイントに到着。品川区にある鈴ヶ森道路児童遊園地です。

86km地点。ゴールまであと一息です。

平均時速(4km/h)で歩いて3時間半。ほんのちょっぴりペースを落としてもギリ間に合うのは、序盤の貯金のおかげでしょうか。

あとコーラがめちゃくちゃうまかったです!

 

 

道中で、周囲から見ると奇妙に見えるのか、自転車のおにいさんや助手席のおにいさん、コンビニに立ち寄ったおにいさんからは、何のイベントですか?みたいに声をかけられました。どの方もみんな気さくでいい人たちでしたね。

 

で、このチェックポイントで鍼体験ができたので、ふとももの痛みの軽減になればとやってもらいました。はじめての針治療です。効き目は・・・

 

バッチシ!

10時40分ごろに無事にゴールできました!

ありがとうーーーーーーーーー!!

ゴールまでの道中は歩くことに集中してたし、ゴールでは解放感で写真はホントこの1枚しかない。

 

 

大会オリジナルTシャツ、田中貴金属ジュエリー製大会オリジナルシューチャームとゴール証は、100kmを歩ききった証です。

 

終盤も足の痛みはありましたが、道中で声をかけた男性と再開したり(ゴール地点でもエレベーター前で一瞬だけまた顔を見れました!)、道端のひとの声援だったりが励みになりました!

 

最後、道路標示に有明の2文字が見えたり、道中のスタッフの方の「あと1kmですー」とか、もうほんと近くまで来たんだなって。

(1kmが本当に1kmだったかと言うと、体感ではそうでもなかったというか、最後の最後にアップダウンの橋多すぎてマジエクストリーム。

 

信号待ちのたびに座り込んだり電柱に寄りかかったりで、もう先に進むのもしんどかったのですが、でも今だからこそ、前に進むことを選んでよかったって心から言えます。

もちろん、途中で別の道に意識を向けることも大事。どんな選択をしても、過酷な大会に参加して同じスタート地点に立ったことそれ自体が強さだと思います。

 

小田原から有明までの100kmを25時間39分、文字どおり睡眠もなく歩き続けて無事ゴール!

筋肉痛などありますが、基本的には健康そのもので、大きなけがもなく歩ききったのは、一番は自分自身の底力なのかな、と。

 

ゴール地点でも針治療を受けました。自分でできるなぞのアイテムもゲットしました。

なんかあまり治療中に痛みを感じなかったので、自分は鈍感なのかな?と。(となりの男性はめっちゃ痛がってた

 

めちゃくちゃキレイ。歩ききった人が見るとなおさらでしょうね。

 

普段、意識しないと歩かないですが、大会中は初日に9万歩以上(アプリによって数値が違うけど、だいたい9万5千前後)、2日目は6万歩以上、合計15万歩くらい歩きました。

 

ポイ活系万歩計アプリ「aminoステップ」はすでに始めていたので、ゴールでもらった特典コードを入れてボーナスマイルをゲットしました。

 

Amazonギフト券との交換までは気が遠いが・・・

 

めちゃくちゃ過酷なウォーキングをともにした靴です。

普段靴なので相当履きなれている靴でもあります。

そしてゴールに導いてくれた素晴らしい靴。

そんな彼は汗しみしみでくさい。クリーニングに出そうかな。

hb.afl.rakuten.co.jp

 

 

そのまま帰ろうにも汗臭いので、パンフレットに同封されていた優待券を使って温泉にはいってきました。気持ちよかったです!爪がおかしなことになっていないか、不安に思う局面もあり、靴下を脱ぐ瞬間だけ冷や冷やしましたが、特に大きな異常もなくホッとしました。

着替えは持参しなかったけどTシャツもらってたし、タオルは貸してもらえたので問題なし。中のレストランで九州フェアをやっていたので、道中ラーメンを食べられなかったこともあり、博多とんこつラーメンをいただきました。おいしかったです!

 

あと、温泉の受付で500円ギフト券ももらったので、施設内の店舗で500円のアパレル系商品をみつけて購入しました。500円のパンツを、会計時にギフト券1枚出すだけで買えました。(過酷なウォーキング後でもその辺は平常運転、キッチリおとくを味わうやつ

 

で、電車に乗って自宅へと帰りました。

 

次回は6月3日~4日にかけて実施するそうです。

今のコンディションで参加するか問われれば、考え込んでしまいますが、エントリーが始まったらまた参加したい気になるかもしれません。

ただ、夏場はきっと暑い。この時季だから行けた部分もあるでしょうね。

 

 

とにかく無事に完歩できてよかったです!

2000人規模のイベントで、4人に3人がゴールしたとか。物好き多すぎ!

老若男女問わずみなさんしっかり歩いていたし、終盤はよくそのペースで歩けるなーなんて感心してました。

ぼくももうちょっと終盤にツラさを感じないウォーキングというのを目指してみたいですね。体力的にはまだ十分あったのですが、痛さが問題でした。

あと思ったより物を食べないので、必要以上におかし系を持って行ってましたが、もっと減らしていいし、むしろ現地調達でもいいくらいでしたね。

 

で、今さら気づいたのですが、ゴール地点、有明アリーナって書いてましたし、大会中もそう信じ込んでいたのですが、正しくは有明ガーデンでした!(`・ω・´)

 

とにかくいっしょに同じゴールを目指して歩いたみなさん、お話をした仲間たち、応援してくれたまわりの方々、夜中でも道案内をしてくれたり、チェックポイントやゴール地点を運営したりしていたスタッフのみなさん、針治療をしてくれた職員の方々、本当にありがとうございました!

 

自分がやりたいみちを信じて進んだからこそ成しえた結果だから、もっと自分に自信を持ってもイイのだろうって思えるし、これから何かあるたびにきっとそう思わせてくれる、そんな貴重なイベントに参加できてよかったです。

 

P.S. 翌日は普通に朝から仕事してました。そして真夜中のブログ更新。体力バカか。