あさりのみそしるダイアリー

薄給サラリーマンのほんわかしゃちくブログ

【発熱】38度を超える高熱でPCR検査を受けました(´・ω・`)

今月はじめての更新です。

今週はほとんど横になっていたので・・・

 

2月27日の夜、急な発熱があり、体温を測ると38.6度でした。

なんでやねんって感じでしたが、夜が明けた28日朝も体温は変わらず38.3度。

 

このご時世なので、コロナでもただの風邪でも関係なく医療機関にいきなり出向くのは許されないようで、ひとまず1度だけ昔かかったことのあるクリニックに電話をかけて、この時間に来てってことになったので、徒歩でなるべく他人と接触しないルートで出向きました。

やはりこのご時世なので、近場で見てもらえるところがあるだけでもけっこうミラクルみたいなところはあると思います。元気なうちに下調べしておけと言われればそのとおりですが・・・。

 

そのクリニックでは、発熱患者とそうでない患者の導線を分けているのですが、発熱患者側はまず例外なくPCR検体採取になって、あとは問診で終わりみたいな。

だから実際にコロナでなかったとしても今のこの症状の理由を知ることはできないわけですが、しかたのない話です。

咳止めや解熱剤を含む4種類の薬を処方してもらい、すぐ近くの薬局で受け取って、翌日の検査結果を待つことに。

クリニックから帰ってきたあともあいかわらず38度台で、もう寝ていることしかできません。

 

ちなみに諸症状は、38度を超える高熱とのどの痛み、せきとたん。だるさと関節痛。あと味覚はありますが冷たい食べ物の味が少し違って感じました。鼻関係は特になし。せきは頻繁にあるわけではないですが、特に夜になると1回のせきが連続してつらかったです。

 

翌日3月1日、熱は下がらず。朝の体温は38.3度。解熱剤は38度以上の時にだけ服用できる条件付き頓服薬でしたが、摂取してもあまり効果を感じませんでした。ずっと高熱で頭がボイルされてる感がやばかったです。

そして昨日の検査結果がクリニックから電話であって、PCR検査結果は陰性(ー)

とりあえずコロナではなかったようで、かなり安堵しました。

ただ、それだと私は何で高熱なのか・・・と。原因がわからないままですが、高熱では何もできないので、できることと言えばとりあえず食べられるものを食って薬を飲んで寝ることだけです。

 

3月2日、朝の体温は37.7度。少しずつ良くなってきましたが、いまだ熱がある状態。

人生でこれだけ長期間熱にうなされることもなかったのと、いわゆる風邪の時の症状と体感的にもちがうので、理由が風邪でないとすれば薬も的外れでいつまでも熱が下がらないのではないかとネガティブシンキング。

その日の夕方ごろにまた38度台にぶり返し、解熱剤も頼りつつ、ひたすら寝るしかない。

 

3月3日、朝の体温は37.3度。微熱になりました。

最後に解熱剤を飲んでから半日以上経過していたので、薬の効果でこの体温でいられるのであって徐々にまた体温が高くなっていく・・・という可能性はあまりないだろうと勝手に思いながらも、とりあえず休むしかない。

せきなどの症状もだいぶ落ち着いてきて、夕方には36.6度まで体温も下がりました。この日は解熱剤の摂取なし。

 

3月4日、朝の体温は36.6度。私の平熱は35度台半ばなので私にとってはまだ高い方ですが、とりあえず全体的に落ち着きました。

休める企業なら4日も休みにしただろうけど、そうではないので出社することに。会社から支給されていた抗原検査ペンも陰性を示していました。

その日は1日安定していて、もとの体調に戻ってきた感がありました。

 

3月5日、朝の体温は35.8度。朝から資源ごみを出せるくらいには体調もだいぶマシになりました。

ただ、週末だからといって特に何もするわけでもなく、休めるときは休むということで朝ごはんを食べて薬を飲んで、昼過ぎまで寝ていました。

 

・・・で、今に至ると。

 

いまだになぜ急に38度を超える発熱にみまわれたのか分かりませんが、PCRは陰性だったということでとりあえずよかったかなーと。自分だけでなくまわりにも迷惑がかかりますからね。

電話を受けるときは逆に体温が上がりそうなくらい不安でしかたがありませんでした・・・もう陽性になる未来しか見えていなかったからね。

いつも何か2つの結果に分けられる出来事があった場合には、きまって悪い方のことが起こるので。

 

明日も安静に過ごそうと思います。

でもほんとなにきっかけの発熱なんだろう。からだのどこかに実は異常がひそんでいて・・・なんて笑えないんだけれども。