あさりのみそしるダイアリー

薄給サラリーマンのほんわかしゃちくブログ

Microsoft Office 365 Solo を購入しました

今まで、Microsoft Office 2010を使って、ワードやエクセルなどを使っていたのですが、いい加減ちょっと古いなと思ったのと、Microsoft Office 365 Solo の価格が昨日・今日だけAmazonでちょっと安くなってたので、買ってみました。


○ Microsoft Office 365 Solo - 最新のアプリケーションとクラウド サービス
https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo

○ Amazon.co.jp: Microsoft Office 365 Solo(1年版) 購入特典付き|オンラインコード版|Win/Mac/iPad対応: ソフトウェア
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00O2TXF8O


インストールDVDを含むパッケージではなく、インターネットでソフトウェアをダウンロードして、これをパソコンにインストールします。
Office 365 Solo を購入するとライセンスキーをもらえるので、これを自分のマイクロソフトアカウントに対応付けます。

そして、対応付けたアカウントを使ってオフィスを使用します。


イメージ 1

Amazonだと、消費税がSoloに適用されないらしく、ほかより安く購入できます。
このオンラインコードは1年版で、使用開始から1年間使用できます。

昨日・今日だけカートに入れると10%引きされます。
また、クーポン欄に「OFFICEOSTRG」と入力すると、条件にあった人はさらに8%引きになります。
そのほか、Amazon Student会員だったり、Kindle本を買っていたりすると、さらに割引されるクーポンもあります。
詳しくは商品ページおよびキャンペーンページをご覧ください。

ということで、1年版ライセンスを10000円未満で購入できました。



イメージ 2

購入すると、Office.comへ行けるリンクが出るらしいのですが、出ない・・・。
ダウンロードしたPCソフト一覧にも出ない。ライセンスキーも確認できない。


あれ・・・?

カスタマーサポートにゴラァしたら(ぉぃ

「障害が発生していたので直しました」

だって。


イメージ 3

直ったあと、確認すると、ライセンスキーが確認できるようになっていました。



イメージ 4

あとは、Office.comへボタンを押して、


イメージ 5

プロダクトキーを持っているので、「プロダクトキーを入力してください」リンクをクリックし、


イメージ 6

あとは流れに沿って入力してあげます。

このとき、自動更新を無効にしておくと、使わないのにずるずる年間の料金を払い続けることもありません。
また、ライセンスキーはAmazonで買った方が安いので(キャンペーンがあればさらに安い)、なおさら自動更新は損です。

手間と感じるなら有効でいいと思いますが、コストを取るなら無効でしょう。
どうせ買えばすぐまた使えるようになります。



イメージ 7

Office365 Soloは、個人向けのOffice365です。

Word / Excel / PowerPoint や、Outlook、Accessなど、最新のOffceソフトがライセンスキーが有効の間、使えます。
今は Office2016ですが、もしこれが2017になっても、ライセンスキーが有効であれば最新版にアップデートして使うことができます。ここがパッケージ版との一番の違いですね。

ただ、もうずっと2016でいいやみたいなときは、パッケージ版を買った方がお得です。初期コストが高いだけで、あとは長く使えば使うほどお得になります。毎年買い替えるならSoloの方がはるかにいいですが。

1ライセンスキーにつき、2台のパソコンまでインストールできます。
ライセンスの管理はウェブ上でできるので、電話をしてアクティベーションを解除する手間はありません。

また、オンラインストレージ OneDrive の容量が、1TB増えます。
Skypeの無料通話時間も毎月60分もらえます。これはあまりいらないですが。


それと、Amazonで購入すると、Office使いこなし本のPDF版を無料でもらえます。



イメージ 8

Excelは、ほぼ毎日使っているので、あとはバンバン使うだけですね。




おしまい。